【労務用語解説】最低賃金とは?地域別最低賃金と特定最低賃金との関係は??

 

こんにちは!
福田社会保険労務士事務所、代表の福田です!

本日は、今後も上昇していくであろう「最低賃金」について解説したいと思います。

 

新人人事部 S郎
新人人事部 S郎
最低賃金を下回ってはいけない
ということは分かりますが、
詳しくは分かってないかも
しれないです。

最低賃金を正しく理解して
おくことは重要ですから、
今日は一緒に勉強しましょう!
社労士 福田
社労士 福田

 

S郎さんが話しているように、最低賃金は国が定める賃金の最低額ですので、必ず下回ってはいけないことは、皆さんもご存じかと思います。

そして、最低賃金は正社員だけでなく、パートやアルバイトなど雇用形態に関係なく、すべての従業員に適用されます。

 

この最低賃金ですが、「地域別最低賃金」「特定最低賃金」の2種類が存在します。

この2種類について、それぞれの用語の意味は以下のようになります。


・ 地域別最低賃金
⇒ 物価等の地域特性に合わせて決められており、都道府県ごとに異なる金額が設定されています。

 

・ 特定最低賃金
⇒ 特定の産業において定められている最低賃金です。
都道府県により同じ産業でも金額が異なることもありますし、対象となる産業が異なることもあります。


 

上記の2種類についてですが、改正となる時期が異なっており、地域別最低賃金は10月頃、特定最低賃金は12月頃に改正されます。

ちなみに、昨年の改正については、以下の記事をご覧ください。

【法改正情報】10月1日から最低賃金が上がっています!

【法改正情報】2022年12月1日から特定(産業別)最低賃金が改正されています!

 

新人人事部 S郎
新人人事部 S郎
思い出してきました!
確かどちらかの金額の方が
高いんでしたよね?

最低賃金の金額が高いのは、
特定最低賃金ですね!
再度確認していきましょう!
社労士 福田
社労士 福田

 

「特定最低賃金」は、産業の労使が、「地域別最低賃金」よりも高い水準で最低賃金を定めることが必要と認めた場合に設定されます。

そのため、「特定最低賃金」は「地域別最低賃金」よりも高い金額で定められています。

そして、この「特定最低賃金」と「地域別最低賃金」の両方の最低賃金が同時に適用される労働者には、高い方の最低賃金額以上の賃金を支払わなければなりません。

 

それぞれの最低賃金額については、厚生労働省のこちらのページからご確認ください。

厚生労働省:地域別最低賃金の全国一覧

厚生労働省:特定最低賃金の全国一覧

 

上記において金額をご確認いただいたら、従業員の賃金が下回っていないかをチェックする必要があります。

その際の賃金を計算する際に、ご注意いただきたいポイントがあります。

賃金については、毎月従業員に固定給として支払われる基本給や各種手当から計算しますが、以下の手当は最低賃金から除外されます。


・ 賞与
・ 時間外手当(固定残業代を含む)、休日出勤手当、深夜手当
・ 通勤手当
・ 家族手当
・ 精皆勤手当
・ 慶弔手当など、臨時的に支払われるもの


 

新人人事部 S郎
新人人事部 S郎
なるほど、これは重要な
ポイントですね!
最低賃金について、しっかりと
理解できましたー!

今年もまた改正の時期が
近づいた時に、ご案内を
させていただきますね!
社労士 福田
社労士 福田

 

ちなみに、以前にもお伝えしましたが、もし最低賃金を下回る賃金しか支払わなかった場合には、使用者に対して30万円以下の罰金が課される可能性がありますので、ご注意ください!

 

スタッフ M子
スタッフ M子
労務に関するご相談が
ございましたら、
お気軽に
お問い合わせくださいね!

 

対象エリア 埼玉県:新座市、朝霞市、志木市、和光市、所沢市、富士見市、ふじみ野市
東京都:西東京市、東久留米市、清瀬市、武蔵野市、東村山市、小平市、三鷹市
※ 上記以外の埼玉県・東京都のその他のエリアや、神奈川県・千葉県・群馬県など、関東の幅広いエリアにも対応可能です。
※ DXによる全国対応も可能です。

 

お役立ち情報 一覧へ

 

PAGE TOP